右→左で進む文字、日本語版の工夫 イランの絵本「ボクサー」

有料会員記事

松本紗知
[PR]

 力強く鮮やかな色彩に、詩情にあふれた文章。世界最大規模の絵本原画コンクール「ブラチスラバ世界絵本原画展」で2019年のグランプリをとったイランの絵本「ボクサー」(ハサン・ムーサヴィー作、愛甲恵子訳)が、日本で翻訳出版された。出版元のトップスタジオHR(東京都)は、これが初めての絵本出版。試行錯誤の末に、魅力あふれる1冊を世に送り出した。

力だけで打ち続けたボクサーが…

 父の形見のグローブをはめて、昼も夜もパンチを打ち続けた孤独なボクサー。建物を粉々にし、山を砂ぼこりに変え、何年もの月日が過ぎて打つものが何もなくなったあるとき、彼は「父のこぶしを動かしていたのは何だったのか」と考えた――。

 トップスタジオHRの親会社・トップスタジオは、IT関連書籍の編集・制作を手がけてきた。出版社からの依頼を受けて書籍データを納品するのが主な業務だが、社として何か新しい事業を始めようという機運があり、編集者の三島絵美さんが「イランの絵本を出版してはどうか」と提案して、企画が通った。

 9・11を機に、中東地域に…

この記事は有料会員記事です。残り869文字有料会員になると続きをお読みいただけます。