出頭の19歳、共通テスト流出の関与認める「とんでもないことした」

[PR]

 大学入学共通テスト初日の15日、「世界史B」の問題が試験中に外部に流出したとされる件で、大阪府内の大学に通う少女(19)が27日、母親に付き添われて香川県警丸亀署に出頭した。

 流出への関与を認め、「スマートフォンを上着の袖に隠して撮影し、画像を送信した。大変申し訳ないことをした」と話したという。捜査関係者への取材でわかった。

 女子大学生は「別の大学に入り直そうとしたが、成績が伸び悩んでいた」と説明。大阪府内にある大学で試験を受けたとし、出頭の理由について「報道を見てとんでもないことをしたと思った」と泣きながら話したという。解答を依頼された大学生が所属する家庭教師サイトには昨年12月に登録したとし、「カンニング目的だった」と述べたという。警視庁は、大学入試センター職員への偽計業務妨害の疑いで女子大学生から事情を聴く。

 世界史Bの問題を撮影したとみられる画像約30枚は、15日の試験時間中に東京大の学生2人に通話アプリ「スカイプ」で送られた。少なくとも1人は解答を送り返していた。

 捜査関係者によると、東大生2人はテスト前、家庭教師の紹介サイトで「受験を控えた女子生徒」を名乗る人物とやり取りしていた。この人物は「実力を測りたい」として指定の問題を解くよう2人に依頼。少なくとも別の学生2人が同様に解答を依頼されたという。

 大学入試をめぐっては2011年、京都大の入試の設問が試験中にネット掲示板に投稿され、少年(当時19)が偽計業務妨害容疑で逮捕された。家裁は、少年が深く反省しているとして、この少年を不処分とした。

  • commentatorHeader
    中野円佳
    (ジャーナリスト)
    2022年1月27日23時22分 投稿

    【視点】この女子生徒のプライバシーをこれ以上掘り起こす必要はなく、こうしたカンニングについては対策側(試験監督の在り方など)の議論をすればいいとは思います。 ただ、先日の共通テスト実施日に東大前で起こった事件とも少し似たものを感じてしまいまし

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]