LPガス、安い会社に乗り換えてみたら… 届いた違約金請求21万円

有料会員記事

[PR]

 「乗り換えたらこんなに安くなるの?」

 東京都青梅市の会社員男性(31)は2019年秋、自宅に来た大手LPガス会社の営業社員の提案に引き込まれた。示されたガス料金の月額は、契約中の別会社より、3千~4千円、安かったからだ。

 男性は乗り換えを考えたが、ある心配が浮かんだ。1年前に自宅を買った際、不動産会社から「ガス会社を乗り換えたら違約金の支払いを」と説明されていたからだ。

 男性は18年秋、結婚を機に、青梅市内に建て売りの戸建てを購入した。売買契約の手続きの中で、不動産会社から重要事項として、「指定されたガス会社と契約しなければならない」と説明を受け、「確認書」に署名、押印していた。

 確認書にはこう記されていた。

 ①自宅内のガス管は貸与されたもので、利用料は毎月のガス料金に上乗せされる。

 ②解約する時は実質的な違約金となる最大21万円の「解約金」を支払う。

 自宅の引き渡し後、ガスの開栓時に妻がガス供給の契約書に署名。正式に条件を承諾した形となっていた。

 ただ、男性には不信感が芽生…

この記事は有料会員記事です。残り645文字有料会員になると続きをお読みいただけます。