米最高裁判事に初の黒人女性指名へ バイデン大統領表明、2月末にも

ワシントン=合田禄
[PR]

 バイデン米大統領は27日、引退する意向を表明した米連邦最高裁のスティーブン・ブライヤー判事(83)の後任に、米国で初めてとなる黒人女性を指名する考えを改めて表明した。特定の人物の名前は挙げていないが、2月末までに指名するという。

 バイデン氏はブライヤー氏とともにホワイトハウスで会見。「この国が大きく分裂している時期に、彼は模範的な公務員だ」とたたえた。後任については「一つを除いて何も決めていない。指名するのは並外れた資質や人格、経験、高潔さがある人物で、米最高裁判事として指名される初めての黒人女性になるだろう」と話した。

 連邦最高裁の判事は、大統領が指名し、上院の過半数で承認される。バイデン氏は大統領選のときから、連邦最高裁判事に黒人女性を指名する意向を示してきていた。

 ブライヤー氏は27日、今期で引退することを正式に表明した。ホワイトハウスの会見では、米国には多様な人種、宗教、視点があることを法廷で見てきたことを振り返り、「人々の考えには違いがあるが、法の下で解決しようと決めている」と語り、法の支配の重要性を強調した。(ワシントン=合田禄)