第5回憎しみの連鎖を絶つために 武力闘争より対話を 民主化指導者の訴え

有料会員記事ミャンマーはいま

聞き手・福山亜希
[PR]

 国軍のクーデターから約1年が経ったミャンマーでは、依然として国軍による弾圧がやまず、混乱が続いている。

 かつての軍政時代の1980年代に抗議デモを率いた民主化指導者は、再び訪れた国軍の支配をどうみているのか。長く政治犯として投獄された経験を持つ民主化指導者のコーコージー氏(60)が、ミャンマーの中部ピンウーリンで取材に応じ、対話よりも武力闘争に傾く市民の動きに警鐘を鳴らした。

 コーコージー氏との主なやりとりは次の通り。

 ――昨年2月1日のクーデターから1年がたち、状況はますます悪くなっています。

 ミャンマー経済はクーデター後の混乱で落ち込みました。人々の生活は苦しくなり、街では強盗などの犯罪が増えていますが、法の支配は機能していません。一般の市民には法的な保護が全くない状況です。

 市民は国軍や治安当局への不信感と対決姿勢を強めています。武装した市民から狙われるため、警察も自分たちの安全を守るのに精いっぱいです。国の未来が心配でなりません。

「対話を訴えたら、市民から脅迫を受けた」

 ――そもそも、国軍がなぜ国際社会の非難を覚悟でクーデターを起こしたのか。わからない部分がいまだに多く残っています。

 私は民主化運動に携わり、政…

この記事は有料会員記事です。残り1889文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら