コロナ感染は「申し訳ない」なのか 芸能人の謝罪がもたらすものは

有料会員記事新型コロナウイルス

藤野隆晃、根岸拓朗
[PR]

 新型コロナウイルスの「第6波」で感染が急拡大するなか、芸能人や所属事務所が感染を報告する際、「謝罪」の言葉を述べるケースが相次いでいる。対策をしていても感染は防ぎきれないが、それでも謝罪が必要なのだろうか。

 「関係者の皆様、いつも応援してくださっている皆様に、多大なるご心配とご迷惑をお掛けしますことを心よりお詫(わ)び申し上げます」。24日に感染がわかったフリーアナウンサーの古舘伊知郎さんの所属事務所は翌25日、ホームページ上で報告文とともにおわびを掲載した。

「ご迷惑」「ご心配」相次ぐ謝罪

 今月、同様に感染が判明した俳優の吉岡里帆さんや芳根京子さんの所属事務所も「ご迷惑」「ご心配」をかけたとして、おわびの文章を公表した。タレントの小島瑠璃子さんはツイッターで「関係者の皆様、大変ご迷惑をおかけいたします。申し訳ありません」と投稿した。

 芸能人に限らない。大相撲の八角理事長は1月の初場所初日で、複数の関係者の感染に触れ、「ご心配をおかけしましたことをおわび申し上げます」とあいさつした。

 感染で仕事を休むとその影響は避けられず、著名な芸能人だととりわけ影響は大きくなる。ただ、どれだけ気をつけても、完全に感染を防ぐことは不可能だ。

「おわび」をどう考えるか

 果たして謝罪は必要なのか。

 新潟青陵大の碓井真史(まふ…

この記事は有料会員記事です。残り550文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    長野智子
    (キャスター・ジャーナリスト)
    2022年1月29日9時11分 投稿

    【視点】もはやどんなに注意しても感染の可能性がある状況にあって、コロナ感染は「申し訳なくない」。ただ芸能人は一つの仕事にどれだけ多くの人が関わっているか身に沁みてわかっている上に、共演者のファンや他の仕事関係者にまで及ぼすご迷惑を考えるといてもたっ

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]