受験生を気遣い自室へ…「10日間は長すぎた」 待機期間、7日間に

有料会員記事新型コロナウイルスオミクロン株

江戸川夏樹
[PR]

 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の待機期間が28日、10日間から7日間に短縮されることが決まった。これで社会機能の維持はできるのか。濃厚接触者として通勤などを制限された人たちはどう受け止めたか。

 「心をすり減らす日々だった。短縮は唯一の朗報」。神奈川県に住む女性(50)は、濃厚接触者として自宅待機が続く長女(24)と同居している。

 長女からラインが来たのは今月20日。「濃厚接触者になっと」。文字の打ち間違いに動揺を感じた。勤め先の会議で同席した同僚の感染が前日に判明。2時間の会議中はずっとマスクをしていたが、昼休みに30分ほど一緒にいた時にマスクをつけない時間もあったため、会社から「濃厚接触者扱いになる。10日は在宅で」と告げられた。

 2日後、長女は検査で陰性と…

この記事は有料会員記事です。残り883文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]