選抜出場の大阪桐蔭、気の緩みとは無縁 神宮王者でも「勘違い」禁物

[PR]

 第94回選抜高校野球大会日本高校野球連盟毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場32校を決める選考委員会が28日、オンラインで開かれ、21世紀枠は只見(福島)、丹生(にゅう)(福井)、大分舞鶴の3校が選出された。

 一般選考では、昨年の明治神宮大会で初優勝した大阪桐蔭のほか、花巻東(岩手)や明秀日立(茨城)、日大三島(静岡)などが選ばれた。

 昨秋の明治神宮王者、大阪桐蔭は気の緩みなどとは無縁だ。吉報が届いたこの日、主将の星子天真(てんま)は「秋の時点で日本一になっただけ。ここで勘違いしているようでは選抜で負ける」と言い切った。

 近畿大会は4試合で計31得点。明治神宮大会では3試合で計28得点と伝統の強打は相変わらずで、1年生好左腕前田悠伍を軸に投手層も厚い。チームのまとまりもよく、頭一つ抜けているように見えるが、西谷浩一監督は「一つ間違えたらやられていた。走攻守でまだまだ力が足りない」とやはり油断がない。優勝候補と目されながら、昨春選抜は1回戦で、夏の全国選手権は2回戦で敗れた。「選手たちは甲子園でやり返したいという気持ちを強く持っている」と監督。雪辱に燃えている。