山梨県知事にカッターの刃入り文書、ワクチンめぐる自粛要請に抗議か

三ツ木勝巳
[PR]

 山梨県は28日、長崎幸太郎知事に危害を加えることを想起させる文書が届いたことを明らかにした。カッターナイフの刃が同封されており、県は警察に被害届を提出することを検討している。

 県によると、文書は27日に県庁に届いた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、県が出した臨時特別協力要請でワクチン未接種者に外出自粛を求めたことなどに抗議すると思われる内容だったという。

 臨時特別協力要請に対しては、「差別につながる」などの批判が相次ぎ、27日午後6時までに4895件の意見が寄せられた。県は説明を改めたり、補足したりしている。

 長崎知事は「山梨県民全体に対する加害行為。断固として立ち向かう」とコメントを出した。(三ツ木勝巳)