広陵が3年ぶり選抜へ 1年生4番の真鍋「同学年に負けたくない」

[PR]

 第94回選抜高校野球大会日本高校野球連盟毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場32校を決める選考委員会が28日、オンラインで開かれ、21世紀枠は只見(福島)、丹生(にゅう)(福井)、大分舞鶴の3校が選出された。

 一般選考では、昨年の明治神宮大会で初優勝した大阪桐蔭のほか、花巻東(岩手)や明秀日立(茨城)、日大三島(静岡)などが選ばれた。

 3年ぶり出場の広陵は投打に充実する。優勝した昨秋の中国大会で失点したのは準決勝のみ。エース森山陽一朗は最速143キロの本格派右腕だ。打線は3番内海優太と1年生4番・真鍋慧の左打者2人が勝負強い。準優勝した明治神宮大会でも本塁打を放った真鍋は「同じ学年にいい打者が多いので絶対に負けたくない。逆方向への強い打球を見てほしい」。狙うは2003年以来19年ぶり4度目の選抜制覇だ。