九州国際大付が11年ぶり3回目の選抜大会 優勝候補の一角に

前田伸也
[PR]

 【福岡】第94回選抜高校野球大会の選考委員会が28日に開かれ、九州国際大付北九州八幡東区)が選ばれた。

 同校の出場は11年ぶり3回目。昨秋の九州大会を制し、その勢いで臨んだ明治神宮大会では準決勝に進出した。3月18日に開幕する今大会でも優勝候補の一角として注目を集める。

 午後3時40分過ぎ、西元孝幸校長の携帯電話に選考委員会から出場決定の連絡が入った。同校グラウンドで報告を受けた選手たちには喜びがあふれ、野田海人主将(2年)は「気持ちが高ぶらないように調整し、いい状態で甲子園に行きたい」と抱負を語った。

 前回出場時は準優勝を果たした。楠城徹監督は「めざすは頂点」と言い切る。「昨秋の県大会の途中から、守りから打撃のチームへと変貌(へんぼう)し、強いチームと互角に戦えることを実感した」といい、1番を打つ黒田義信選手(2年)と4番に座る佐倉俠史朗選手(1年)を挙げ、「2人が間違いなく打ってくれると信じている」と語った。

 その佐倉選手はこの冬、1日1千回のスクワットをこなし、下半身を強化。打球の飛距離をさらに伸ばしている。「小学生のころからイメージした甲子園の打席に立てる」と表情がほころんだが、意気込みを聞かれると、一転して「好機に強く、チームに信頼される打者になりたい」と引き締まった面持ちとなった。(前田伸也)