独自

検察が異例の「無罪」論告 被害者らの暴行目撃証言はうそだった

有料会員記事

柏樹利弘、大野晴香
[PR]

 知人に同じ日に2回暴行をしたとして、暴行罪に問われた男性(22)の論告求刑公判で、2回目の暴行事件について名古屋地検岡崎支部が無罪を主張していたことが分かった。無罪論告は異例。検察側は最初の事件のみで罰金10万円を求刑したが、補充捜査で被害者や目撃者の証言がうそだと分かったことを踏まえ、名古屋地裁岡崎支部(石井寛裁判官)は無罪を言い渡した。判決は21日付。

 男性の起訴内容は、2020…

この記事は有料会員記事です。残り403文字有料会員になると続きをお読みいただけます。