林外相「受け入れられない」 佐渡金山推薦での韓国外交省コメントに

野平悠一
[PR]

 世界文化遺産登録を目指し、ユネスコへの推薦が決まった佐渡金山遺跡(新潟県佐渡市)をめぐり、林芳正外相は28日夜、韓国外交省が推薦に反対するコメントを出したことに対し、「韓国側の独自の主張は受け入れられない」として、韓国側に申し入れを行ったことを明らかにした。

 佐渡金山遺跡は昨年末、文化審議会が推薦候補に選んだが、韓国政府は戦時中に佐渡の鉱山で朝鮮半島出身者が働いており、「強制労働被害の現場だ」などと主張。岸田文雄首相が28日に推薦を決めたことを受け、韓国外交省の報道官は「強い遺憾の意を表明し、このような試みを中断することを厳重に求める」とのコメントを発表した。

 これに対し、林氏は記者団の取材に、韓国側に申し入れを行ったことを説明。「韓国との間で誠実に対話を行い、世界遺産委員会のメンバー国に対しても我が国の立場を冷静かつ丁寧に説明していきたい」と述べた。

 佐渡金山遺跡の推薦について、林氏は「文化遺産としての素晴らしい価値が評価されるよう、登録実現に向けて外務省としてもしっかり取り組んでいきたい」と語った。(野平悠一)