マクロン氏、プーチン氏に対話促す ウクライナ情勢で仏ロが電話協議

有料会員記事

喜田尚、パリ=疋田多揚 ベルリン=野島淳
[PR]

 ロシアのプーチン大統領は28日、フランスのマクロン大統領と電話協議し、ロシアがウクライナ国境付近に軍隊を展開して緊張が高まっている問題で、米国や北大西洋条約機構(NATO)が26日に書面で伝えたロシアの要求への回答について、「基本的なロシアの懸念が考慮されていない」と不満を述べた。ロシア大統領府が発表した。回答についてプーチン氏の考えが伝えられるのは初めて。

 発表によると、プーチン氏は①NATOの拡大停止②ロシアの国境付近への攻撃兵器の配備の取りやめ③NATOの兵器、部隊の配備を、東欧への拡大が始まる前の状態に戻す――というロシアの三つの要求が拒否されたことを指摘。「他国の安全を犠牲にして自国の安全保障を強化しない」という欧州安保協力機構(OSCE)で確認された原則が「無視された」とも述べたという。

 ロシア大統領府は、プーチン氏がマクロン氏に対し「ロシア側は米国、NATOの書面を注意深く検討したうえで自分たちの今後の行動を決める」と語ったとした。発言は、今後もNATO拡大停止を含む主要な要求を断念する考えはないというロシア側の意思表明だったとみられる。

 仏大統領府によると、プーチン氏は、フランスやその同盟国と対話を続けたい意向を示したという。仏側は「緊張緩和の必要性で一致した」ともしている。

 電話協議は欧州時間の午前中から始まり、1時間あまり続いた。(喜田尚、パリ=疋田多揚)

欧州、対ロで隔たり

 そもそもロシアと対話すべき…

この記事は有料会員記事です。残り503文字有料会員になると続きをお読みいただけます。