やりきったよね。福士ちゃん、お疲れ様! 野口みずき

有料記事

[PR]

スポーツのミカタ

現役時代にトラックやロードでしのぎを削った福士加代子選手(ワコール)が30日の大阪ハーフマラソンを最後に引退します。福士ちゃん(そう呼んでいます)は私より3歳年下。引退については寂しいという気持ちはなくて、「十分輝かしい成績を残したよね。やりきったよね」という思いです。

 レースで思い出すのは2006年の香川丸亀ハーフマラソンです。福士ちゃんはまだトラック専門の選手でしたが、そのレースで私が持っていた日本記録を破って優勝。私も自己ベストの2位だったんですが、トラックのスピードは、彼女の方がはるかに上。ハーフの結果も「そりゃそうだよな」と妙に納得したのを覚えています。

 ただ、「次はマラソンをやるのかな。えーっ、強いだろうな」ってどきどきしたのも事実。高橋(尚子)さんや私の後のマラソンは福士ちゃんが来るんだろうな、と思いました。

 同じ京都に拠点を持つチーム…

この記事は有料記事です。残り954文字有料会員になると続きをお読みいただけます。