陸上短距離の福島千里が現役引退 「達成感はないが、解放感はある」

[PR]

 陸上女子100メートル、200メートルの日本記録を持つ福島千里(33)が29日、所属先のセイコーを通じて現役引退を発表した。

 同日にあった引退会見で福島は「(陸上を離れる)寂しさはもちろんある。そこまで達成感はないが、解放感はあるのかな」と晴れやかな表情で語った。

 福島は北海道幕別町出身。北海道帯広南商高卒業後は北海道ハイテクACに所属。2008年に100メートルで当時の日本タイ記録の11秒36をマークし、北京五輪に出場した。日本選手として同種目での五輪出場は1952年ヘルシンキ大会の吉川綾子以来56年ぶりだった。

 11年世界選手権では100メートルと200メートルで日本選手初の準決勝進出を果たした。その後、12年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪にも出場。17年にプロ転向を宣言し、翌年からセイコー所属に。日本選手権の100メートルでは7連覇を含む8度の優勝を達成。200メートルも8度制した。

 自己記録は100メートル11秒21(10年)、200メートル22秒88(16年)。初めて日本記録を出してからそれぞれ3回ずつ更新した。

 東京五輪出場をめざした昨年6月の日本選手権では100メートルに出場し、12秒01で予選敗退。4大会連続の五輪出場を逃していた。

 福島は引退を決断した時期は、現役最後のレースとなった昨年9月の全日本実業団対抗選手権を走り終えてからだったという。

 そのときの心境について「最後のレースになる可能性があると思っていたが、決めてしまうとレースにならなくなる。最後まで勝負をしたかった」と話した。

 近年はけがに苦しんできた。

 「けがのリスクが最後は多かった。目標のために『やりたい』練習よりも、『やれる』練習を選択してきたというのが正直あった」

 会見で福島自身が「原点」と語ったのは08年の北京五輪だった。

 「北京五輪に選んでもらってから、それをきっかけに世界に挑戦し続けてきた。小さい目標をクリアして、成長を感じることができた」

 日本女子短距離界を長年引っ張ってきた福島。後輩へのメッセージを問われると、「楽しいことの中で、苦しい瞬間もある。続けていないとわからない気持ちもある。あきらめないで挑戦してほしい。今後はそういう選手を応援していきたい」とエールを送った。

 今後はセイコーとアンバサダー契約を結び、陸上教室などを通して子どもたちにスポーツの楽しさを伝える役割を担う。