「母亡くなり自殺考え、医師らも殺そうと」 埼玉立てこもりの容疑者

有料会員記事

山田暢史
[PR]

 埼玉県ふじみ野市の住宅に散弾銃を持った男が立てこもり、人質の医師が銃で撃たれ死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職渡辺宏容疑者(66)が県警の調べに「自殺を考え、自分1人ではなく先生やクリニックの人を殺そうと考えた」と話していることが、捜査関係者への取材で分かった。

 死亡したのは医師の鈴木純一さん(44)。県警は29日朝、容疑を殺人に切り替えて送検した。

 渡辺容疑者は母親(92)と同居しており、数年前から鈴木さんが院長を務める在宅クリニックを利用していた。母親は26日に亡くなり、鈴木さんが死亡確認をしたという。

 渡辺容疑者は27日夜、母親の在宅看護に関わっていた鈴木さんら医療関係者7人を自宅に呼び出し、散弾銃を複数回発砲。鈴木さんを人質にとって自宅に立てこもったとみられる。

 立てこもっている最中の警察との電話を通じたやりとりでは、「(医師らに)文句を言ってやろうと思った」「謝ってもらおうと思った」と話したという。28日朝になってやりとりができなくなったため、県警は住宅に突入し渡辺容疑者を逮捕した。鈴木さんは胸を撃たれており、搬送先の病院で死亡が確認された。

 捜査関係者によると、渡辺容…

この記事は有料会員記事です。残り207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。