母を失い、自殺の道連れに…医師の至近距離から銃発射、計画的犯行か

有料会員記事

山田暢史、川野由起
[PR]

 埼玉県ふじみ野市の立てこもり事件で、県警は29日、人質の男性医師を銃で殺害したとして無職渡辺宏容疑者(66)を殺人容疑で送検した。渡辺容疑者は調べに「自殺を考え、自分1人ではなく先生やクリニックの人を殺そうと考えた」と話しているという。

 死亡したのは医師の鈴木純一さん(44)。捜査関係者によると、司法解剖の結果、死因は胸に銃弾1発を浴びたことによる心破裂。至近距離から発射された銃弾は体を貫通し、即死状態だったとみられる。

 渡辺容疑者は母親(92)と同居し、数年前から鈴木さんが院長を務める在宅クリニックを利用していた。母親は26日に亡くなり、鈴木さんが死亡確認をしたという。

 渡辺容疑者は27日夜、母親の在宅看護に関わっていた鈴木さんら医療関係者の男女7人を自宅に呼び出し、散弾銃を複数回発砲。その後、鈴木さんを人質にとって自宅に立てこもった。事前に散弾銃2丁や催涙スプレーを用意したとみられ、サバイバルナイフも見つかった。県警は事前に計画していた可能性があるとみている。

 東入間医師会などの説明では…

この記事は有料会員記事です。残り383文字有料会員になると続きをお読みいただけます。