張心治さん、小学生対決制し囲碁棋士に 現役最年少、父は張栩元名人

有料会員記事

大出公二
父は元名人…小学6年生、現役最年少棋士に 張心治さん~父は張栩九段、母は小林泉美七段、姉は張心澄初段~=大出公二撮影
[PR]

 囲碁の元名人、張栩(ちょうう)九段(42)の次女、小学6年生の心治(こはる)さん(12)=東京都杉並区=が29日、日本棋院女流棋士採用試験の成績1位をとり、プロ入りを決めた。曽祖父の昭和の大棋士、故木谷実九段から続く親子4代の棋士の系譜に名を連ねた。4月1日付で仲邑菫二段(12)に代わって現役最年少棋士となる。

 採用試験の最終選考会である「本戦」には心治さんのほか全日本女流アマ選手権者や女子学生王者ら11~22歳の8人が残り、今月から総当たりのリーグ戦が行われていた。心治さんは最年少の小5の柳原咲輝さん(11)と5勝1敗の同星首位で並び立ち、この日のリーグ最終戦、小学生同士の直接対決を制した。

 曽祖父は木谷九段、祖父は小林光一名誉名人(69)、祖母は故礼子七段、父は張九段、母は泉美七段(44)、姉は心澄(こすみ)初段(15)の囲碁一家。心治さんのプロ入りで、張栩一家は全員棋士となる。

 心治さんは小4で日本棋院の…

この記事は有料会員記事です。残り481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。