母親の蘇生断られた後に発砲か 立てこもり容疑者、名指し呼び出しも

山田暢史
[PR]

 埼玉県ふじみ野市の立てこもり事件で、銃で撃たれて殺害された医師の鈴木純一さん(44)ら医療関係者は、無職渡辺宏容疑者(66)=殺人容疑で送検=に「線香をあげにこい」などと容疑者宅に呼び出されていたことが捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者などによると、渡辺容疑者と同居していた母親(92)は他の医療機関に受け入れを断られ、数年前から鈴木さんが関わる在宅クリニックを利用していた。職員らは渡辺容疑者からたびたび罵声を浴びることがあったという。

 これまでの県警の調べでは、母親は今月26日に亡くなり、鈴木さんが渡辺容疑者宅で死亡確認をした。その日のうちに渡辺容疑者からクリニック側に連絡があり、「線香をあげにこい」などと言われた。数人は名指しで、医療関係者の男女7人は、渡辺容疑者に指定された27日午後9時ごろに容疑者宅に赴いた。

 渡辺容疑者は鈴木さんらを1階の部屋に通し「心臓マッサージをしてほしい」などと、部屋に安置した母親の蘇生措置を依頼したが、鈴木さんに対応を断られたという。その後、散弾銃を少なくとも3発発砲した。

 渡辺容疑者は調べに対し、鈴木さんを最初に撃った後、重体になっている理学療法士の男性(41)に発砲したとし、その場にいた他の医療関係者にも催涙スプレーをかけたり発砲したりしたと説明しているという。

 県警は渡辺容疑者宅の2階に銃や弾の保管庫があることを確認。渡辺容疑者があらかじめ銃弾を入れた散弾銃を1階に移していた可能性もあるとみている。(山田暢史)