衆院選、届かなかった選挙公報 背景にご近所付き合い、悩む自治体

有料会員記事

神野勇人
[PR]

 選挙公報が届かなかった――。昨年10月の衆院選後、福岡県内に住む男性から朝日新聞に電話が寄せられた。すべての有権者世帯への配布が法律で決められているのに、なぜ届かなかったのか。男性が暮らす街を訪ねて背景を探ると、変わりゆく近所付き合いのあり方や、悩む市町村の姿がみえてきた。(神野勇人)

 福岡県中央部にあり、かつて炭鉱で栄えた人口約2万2千人の福智町。昨年10月、町内に住む男性(81)の手元に選挙公報は届かなかった。

 これまで選挙は欠かさず投票し、国政選挙では選挙公報を見比べて一票を投じてきた。妻はスマートフォンを持つが、男性はインターネットを使わない。やむを得ず新聞とテレビを参考に投票したが、同時に実施された最高裁裁判官国民審査は「資料がなくて選びようがない」中で、判断を迫られたという。

 各候補者の略歴や主張などを載せた選挙公報は、都道府県選挙管理委員会が発行する。公職選挙法によると、国政選挙では発行が義務づけられ、投票日2日前までに各市町村選管が各世帯に届けるよう定める。新聞折り込みなどの配布方法を認め、役場などへ備え置くことで代替する「補完」も定める。

 福智町ではこれまで、自治会町内会の下部組織で地元住民が任意で入る「行政組」の組長に公報の配布を依頼してきた。男性が住む地域で配布した女性(73)に話を聞いた。

 女性は「毎月配る町の広報誌…

この記事は有料会員記事です。残り1539文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら