証明書コンビニ交付、一律10円に 埼玉・入間市

日高敏景
[PR]

 埼玉県入間市は2月1日から、マイナンバーカードが必要になるコンビニでの証明書交付の手数料を一律10円にする。市によると、「市民が手続きのためにわざわざ行かなくてもすむ市役所」をめざす行政サービスのオンライン化の一環で、マイナンバーカード普及促進の狙いもあるという。

 コンビニでの証明書交付手数料は現在、住民票の写しや印鑑登録証明書などが200円、戸籍謄本・戸籍抄本は450円などとなっている。減額措置は来年3月末までだが、その後については継続も含めて検討するとしている。

 同市が2020年度に交付した証明書15万9421件のうち、市役所や支所などの窓口での交付は97%にのぼる。一方、コンビニでの交付で必要になるマイナンバーカードの交付率は昨年12月末現在、市の人口の4割弱にとどまっている。(日高敏景)