英官邸の「指導力と判断の失敗」 パーティー問題で内部報告書

有料記事

ロンドン=和気真也
[PR]

 英首相官邸で新型コロナウイルス対策で外出規制されていた時期にパーティーが繰り返されていた問題で、政府の内部調査による報告書が1月31日に公表された。舞台となった官邸や内閣府について「指導力と判断の失敗があった」と指摘。国民に規制を強いる一方での行いとして「正当化し難いものがある」と断じた。

 調査は内閣府高官のスー・グレイ氏が担った。調査対象は2020年5月~21年4月に、官邸や内閣府で誕生日や送別、クリスマスなどのイベントごとに開かれた16の「集会」。ジョンソン首相の出席が目撃されているものも含む。グレイ氏は70人から話を聞き、関係文書やスマホのメッセージ、入退出記録などを調べた。

 報告書は「いくつかの集会は、政府の中枢で働く者としての高い基準ではなく、英国民としての基準にも満たない深刻な失態だ」と結論づけた。職場でのいきすぎたアルコール摂取の習慣や官邸の庭の利用法も不適切だったとも指摘。「おかしいと思ったスタッフが声を上げられなかった」ことも、今後の改善点として言及した。

 一方で、ジョンソン氏の直接の責任などには触れなかった。パーティーについては警察が捜査を始めており、報告書は「違法だったかは当局が判断するべきだ」とした。報告書は最終版がさらに出される予定。

 ジョンソン氏はこの日、英議…

この記事は有料記事です。残り404文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!