石原慎太郎・元東京都知事が死去 89歳、運輸相などを歴任

[PR]

 元東京都知事で、運輸相や環境庁長官を歴任した石原慎太郎(いしはら・しんたろう)氏が死去した。89歳だった。

 石原氏は一橋大在学中に発表した小説「太陽の季節」で芥川賞を受賞。68年、参院選全国区に自民党から立候補し、初当選した。72年に衆院選に転身し、環境庁長官や運輸相を歴任した。89年の自民党総裁選に立候補したが敗れ、95年の国会議員在職25年表彰で突然辞職を表明した。

 99年の東京都知事選に無所属で立候補して初当選。「東京から日本を変える」と訴え、大手銀行への外形標準課税(銀行税)導入や、ディーゼル車排ガス規制など独自の施策を展開した。2020年五輪招致を目指すなか、12年に都知事を辞任した。

 同年衆院選で国政復帰。都知事時代から交流が深かった橋下徹・元大阪市長日本維新の会の共同代表に就いた。その後体調不良を訴えて入院。軽い脳梗塞(こうそく)だったことを明かしていた。

 芥川賞受賞後も作家活動を続けた。「『NO』と言える日本」(盛田昭夫氏との共著)は日米関係に一石を投じ、実弟の俳優石原裕次郎を描いた「弟」はミリオンセラーになった。

  • commentatorHeader
    パトリック・ハーラン
    (お笑い芸人・タレント)
    2022年2月2日11時33分 投稿
    【視点】

    政治理念が全く違う僕だが、遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。 当然、死去のニュースを受け、石原慎太郎さんの半生を振り返る記事や番組が多いが、少し不思議な傾向に気づいた。ほとんどは「ディーゼル車排気ガス規制」や「五輪誘致」に触れているが、