日本でも抗議集会、あのサッカー選手も ミャンマークーデター1年

有料会員記事

森岡みづほ
【動画】ミャンマーのクーデター1年 在日ミャンマー人らがデモ集会=竹花徹朗撮影
[PR]

 ミャンマーで国軍がクーデターを起こしてから1年となった1日、日本に住むミャンマー人やその支援者が各地で集会を開いた。

 東京の外務省前やミャンマー大使館前には同日午後、ミャンマー人の会社員や留学生、支援者ら数百人が集まった。参加者らはアウンサンスーチー氏率いる政党・国民民主連盟(NLD)の赤い旗を握りしめ、「ODA(途上国援助)を停止しろ!」などと声を合わせた。

弾圧と抵抗のフロンティア ミャンマー政変1年

弾圧と抵抗のフロンティア ミャンマー政変1年 ミャンマー国軍のクーデターから、2月1日で1年。武力弾圧は続き、「アジア最後のフロンティア」と呼ばれた経済は混乱しています。そんな中、勇気ある市民らの証言を通じ、社会が負った深い傷を見つめました。

 背景には、日本政府が「国軍と独自のパイプ」があると強調し、クーデター後に新規のODAを見送る一方で、継続中のODAを維持し、国軍との対話路線を保っている事情がある。

 外務省前の集会には、サッカ…

この記事は有料会員記事です。残り407文字有料会員になると続きをお読みいただけます。