ゆらめく染料に薫る異文化との出会い 伝統装飾「エブル」めぐる絵本

有料会員記事

遠藤美波
[PR]

 水面に散らした染料で模様を作り、紙に写し取る「エブル」という伝統装飾がトルコにある。その伝統装飾を現地で学んだ西宮市在住の男性が、絵本を作った。「エブルの魅力だけでなく、コロナ禍で失われた、異文化と出会う喜びを伝えたい」という。

 男性は、出版社を営む末沢寧史さん(40)。構想から10年かけて制作した絵本「海峡のまちのハリル」を昨年12月に出版した。

 物語の舞台は100年前のイスタンブール。エブル職人を祖父に持つ主人公のハリルが、近所に住む日本人の少年たつきを連れて、バザール(市場)まで祖父のおつかいに行く、という物語だ。

 この物語は、末沢さんの体験がもとになっている。

 20歳のとき米同時多発テロが起こり、イスラム世界に興味を持った。慶応大大学院在学中に、交換留学でイスタンブールへ。そこで出会ったのが、博物館に展示されていたエブルだった。

 見たことのない流線でつくら…

この記事は有料会員記事です。残り801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。