「公園での遊びが…」 サッカー本田圭佑は自民党で訴えた

有料会員記事

野村周平
[PR]

 プロサッカー選手でカンボジア代表監督なども務める本田圭佑選手(35)が2日、自民党のスポーツ立国調査会に出席した。約45分にわたり、「スポーツの未来」と題して自身の活動を話したり、国会議員の質問に答えたりした。

 グレーのスーツ姿で参加した本田選手は冒頭、「自分自身が培ってきた経験、選手としてだけでなく指導者、ビジネスマンとして、色々な角度から見えることがあると思うので、自分なりの考えを皆さんにシェアできれば」とあいさつ。

 会議の本題は報道陣に非公開…

この記事は有料会員記事です。残り580文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら