キネマ旬報ベスト・テン 日本映画1位は「ドライブ・マイ・カー」

[PR]

 映画誌「キネマ旬報」は2日、2021年公開作のベスト・テンの1位と個人賞を発表した。日本映画の1位は昨年のカンヌ国際映画祭で脚本賞を受け、今年の米アカデミー賞でもノミネートされるか注目される濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が選ばれた。外国映画はクロエ・ジャオ監督の「ノマドランド」、文化映画は原一男監督の「水俣曼荼羅」が1位だった。

 個人賞は次の通り。

 監督=濱口竜介(「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」)▽脚本=濱口竜介、大江崇允(「ドライブ・マイ・カー」)▽主演女優=尾野真千子(「茜色に焼かれる」ほか)▽主演男優=役所広司(「すばらしき世界」)▽助演女優=三浦透子(「ドライブ・マイ・カー」ほか)▽助演男優=鈴木亮平(「孤狼の血 LEVEL2」ほか)▽新人女優=河合優実(「由宇子の天秤」ほか)▽新人男優=和田庵(「茜色に焼かれる」)▽特別賞=佐藤忠男