立てこもり容疑者、介護事業者にも来訪要求か 事件から1週間

有料会員記事

山田暢史、仁村秀一
【音声データ】事件当日に容疑者が以前利用していた介護保険事業者にかけた電話=提供
[PR]

 埼玉県ふじみ野市で起きた立てこもり事件で、渡辺宏容疑者(66)=殺人容疑で送検=が事件当日、在宅クリニック関係者のほかに、かつて利用していた介護保険事業者も自宅に呼び出そうとしていたことが事業者などへの取材で分かった。事業者側は訪問を断ったという。事件は3日で発生から1週間となる。

 事件前日の1月26日、同居していた母親(92)が亡くなり、渡辺容疑者は在宅クリニックの関係者7人を27日夜に自宅に呼び出した。このうち、銃で撃たれた医師の鈴木純一さん(44)が死亡、理学療法士の男性(41)が重傷を負った。渡辺容疑者は発砲後、約11時間にわたって自宅に立てこもり、翌朝突入した警察官に緊急逮捕された。

 介護保険事業者によると、渡辺容疑者の母親は数年前に事業者のサービスを利用していた。事件当日の電話では、当初は穏やかな口調で「払っていないお金もあるから謝りたい。昨日、母が亡くなったので清算したい。集金に来てほしい」と話していた。ところが、職員が訪問を辞退して請求書の送付を申し出ると態度を変え、「はした金を集金にこないあんたらが悪い」「線香でもあげに来い」などと声を荒らげ、「ばかやろう」と言って電話を切ったという。

 事件当時の状況も明らかにな…

この記事は有料会員記事です。残り285文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら