平成の怪物もハンカチ王子も高校球児を指導できる 学生資格を回復

[PR]

 日本学生野球協会は2日、高校生、大学生を指導するために必要な学生野球資格を、元西武の松坂大輔氏(41)や元日本ハム斎藤佑樹氏(33)ら145人が回復したと発表した。母校は手続き不要で指導でき、母校以外でも日本高校野球連盟全日本大学野球連盟に登録すれば指導できる。

 松坂氏は横浜高のエースとして1998年に甲子園春夏連覇を達成。「平成の怪物」と呼ばれ、日米通算170勝をマークした。斎藤氏は2006年夏に全国制覇を達成した早稲田実高(西東京)のエース。早大でも東京六大学リーグ通算31勝をあげ、大学日本一にも輝いた。

 今年度の資格回復研修はオンラインで実施され、プロ野球経験者が学生野球の歴史や部活動の現状、障害予防、体罰問題などを学んだ。元日本ハム監督の梨田昌孝氏(68)、元広島監督の野村謙二郎氏(55)らのほか、野球殿堂入りの特例研修を受けた鈴木啓示氏(74)と伊東勤氏(59)も資格を回復した。