カゴメ本決算 巣ごもりで増収増益でもコスト高騰が影 4月に値上げ

根本晃
[PR]

 カゴメが2日発表した2021年12月期決算(国際会計基準)は売上高が前年比3・6%増の1896億円、純利益が同31・5%増の97億円で増収増益だった。コロナ禍の巣ごもり需要の継続で、主力の野菜飲料などが好調に推移した。一方、原材料価格の高騰が響いて22年12月期は減益を見込む。

 内食需要や健康志向の高まりが続くなか、積極的な販促活動で増収を維持した。ただ、原材料となる輸入トマト価格や物流コストが高騰。本業のもうけを示す事業利益は国内の主要セグメントで同12・3%減少した。米国での外食需要の回復が、国内の減益分をカバーしたという。

 コストの高騰を吸収すべく、4月から主力のケチャップなど調味料類で6~7年ぶりの値上げを行う。山口聡社長は「原価低減などの努力をしてきたが、メーカーの力で対応できる限界を超えた。何とぞご理解頂きたい」と語った。

 それでも22年12月期の業績予想で、純利益は同9・9%減の88億円とした。山口社長は「22年度も原料や物流コストの高騰が続くと予想される。調味料類を中心としている今回の値上げだけではカバーできないだろう」と話した。

 この日発表した中期経営計画では、25年度までに既存事業の売上高を2120億円に伸ばすとともに、植物由来の原材料を使ったプラントベースフードや農業にITを生かすアグリテックなどの領域に300億~500億円を投資するとした。山口社長は「シナジー(相乗効果)を創出できる企業との協業やM&Aを積極的に検討していく」と話した。(根本晃)