ODA事業めぐり3億円所得隠し 名古屋の中堅ゼネコンに国税指摘

有料会員記事

村上潤治
[PR]

 名証2部上場の中堅ゼネコン「徳倉(とくら)建設」(名古屋市中区)が名古屋国税局税務調査を受け、2019年3月期までの数年間で約3億円の所得隠しを指摘されていたことがわかった。政府の途上国援助(ODA)事業にからんで現地で支払ったコンサルタント料について、費目を仮装したなどとして重加算税の対象とされたという。

 追徴税額は約1億円とみられる。同社総務部は「見解の相違があったが、修正申告し納税した」としている。

 関係者によると、同社が中南米でODA事業の工事をした際、現地のコンサル会社に工事費用の回収を依頼。コンサル側に支払った代金を工事費用に含ませて計上した。

 国税局の税務調査で、不審な…

この記事は有料会員記事です。残り267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。