旭川中2死亡 学校側、本人にいじめ有無を直接聴取せず

有料記事旭川女子中学生いじめ問題

本田大次郎
[PR]

 北海道旭川市で2021年3月、市立中学校2年の広瀬爽彩(さあや)さん(当時14)が遺体で見つかり、市教育委員会の第三者委員会が過去のいじめの有無などを調べている問題で、広瀬さんが中1の時に自殺未遂をした後、学校側は本人から直接事情を聴いていなかったことが分かった。

 遺族側によると、広瀬さんは中学校に入学後、他の生徒らから性的な写真や動画を求められるなど、いじめを受けるようになった。中1の6月にはこれらの生徒といる時にパニックになり、川に飛び込む自殺未遂があった。広瀬さんは直後に入院し、2学期に転校した。

 転校前の学校と市教委は、広…

この記事は有料記事です。残り179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。