確定申告、今年は一律の延長なし 「コロナ影響」は個別に認める

[PR]

 国税庁は3日、所得税確定申告期間(2月16日~3月15日)について、今年は全国一律の延長はしない、と発表した。新型コロナウイルスの影響で昨年までは2年連続で一律延長してきたが、今年は見送った。ただしコロナの影響で期限までの申告が難しい場合は、4月15日までなら簡素化した手続きで個別に延長が認められる。

 個別延長の対象は、納税者自身が感染したり外出自粛になったりした場合のほか、勤務先や税理士事務所が通常の業務体制を取れないケースも含む。4月15日までは申告書の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」などと記すだけで延長が認められるという。