フィギュア団体戦、SPは宇野昌磨 「最善尽くし、ダメだったら…」

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 北京オリンピック(五輪)のフィギュアスケートは4日、団体戦の男子とペアのショートプログラム(SP)、アイスダンスのリズムダンス(RD)を皮切りに競技が始まる。男子SPは宇野昌磨トヨタ自動車)、ペアSPは三浦璃来木原龍一組(木下グループ)、アイスダンスRDは小松原美里、尊組(倉敷ク)が出場する。

 先陣を切る宇野は3日、会場で初練習した。フリップ、ループ、サルコー、トーループの4種類の4回転を着氷。「跳びにくいとは感じなかった。練習してきたものを出せるように」と淡々と語った。

 平昌五輪も最初の登場でSP…

この記事は有料会員記事です。残り269文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]