自民有志「10増10減」見直し求め趣意書 賛同者募る

有料記事自民

菅原普
[PR]

 自民党の有志が、衆院の定数配分の見直しを求める趣意書をまとめ、党内で賛同者を募り始めた。次の衆院選に向けて、「一票の格差」是正のため小選挙区を「10増10減」とする区割りの見直しが進められている。有志はこれを含めた選挙制度の抜本的な見直しを求めていくという。

 発起人には、石田真敏総務相加藤勝信官房長官ら30人以上が名を連ねている。

 趣意書では、「10増10減…

この記事は有料記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!