一斉に消えた「熊本県産」アサリ 福岡の市場、産地偽装問題の影響か

有料会員記事

伊藤隆太郎、安田朋起
[PR]

 福岡市の市場で3日、取引されるアサリから「熊本県産」が一斉に姿を消し、「中国産」ばかりになった。量そのものも半減。外国産アサリが「熊本県産」と偽装されて出回っているとして、熊本県が1日、県産アサリの出荷を8日から停止すると発表した影響が出ているとみられる。

 福岡市中央区長浜の博多港そば。ここの中央卸売市場鮮魚市場では、入荷した魚介類を卸売業者2社が仲介し、仲卸業者に販売する。

 両社によると、アサリはこの時期、1日500~700キロが持ち込まれる。だが3日の入荷量は半分近くに減り、「2日まではすべて熊本県産だったが、3日は中国産しか入らなかった」という。

 卸売会社「福岡中央魚市場」…

この記事は有料会員記事です。残り857文字有料会員になると続きをお読みいただけます。