フィギュア、五輪初登場は夏だった 初代金メダリストはサルコーさん

室田賢
[PR]

 フィギュアスケートは元々、冬の五輪競技ではなかった。

 五輪で最初に実施されたのは、今から100年以上前。1908年の夏季ロンドン大会だった。

 日本オリンピック委員会(JOC)によると、当時、欧州で初めて室内の人工リンクがロンドンに完成し、冬ではない時期でもスケートができるようになった。このリンクに目を付けたのがロンドン大会組織委員会。北欧で人気だったフィギュアを夏季大会に取り込んだという。

 ちなみに、ロンドン大会の男子シングルで初代金メダリストとなったのが、ウルリッヒ・サルコー(スウェーデン)。サルコージャンプの由来になった人物だ。

 大会では、男女シングルとペアのほか、「男子スペシャルフィギュア」が行われた。これは片足のエッジ(靴の刃)を使って、いかにうまく氷に図形を描けるかを競うものだった。

 その後、次第に冬季競技への関心が高まり、1924年にフランスのシャモニー・モンブランで第1回の冬季五輪が開催され、フィギュアも夏季競技から移行した。

 ただ、冬季五輪の開催もすんなり決まったわけではない。すでに世界選手権に相当する大会を主催していた北欧諸国が、“元祖の冬季大会”を取られると反対。結局、最後は参加を表明し、第1回冬季五輪は成功した。室田賢

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]