「瀬戸の花嫁」PRの島、架橋工事で官製談合の疑い 前町長ら逮捕

有料会員記事

[PR]

 瀬戸内海小豆島香川県)と離島を結ぶ架橋工事をめぐり、入札情報を業者に漏らしたとして、香川県警は3日、同県土庄(とのしょう)町の前町長、三枝邦彦容疑者(63)を官製談合防止法違反などの疑いで逮捕し、発表した。高松市の建設会社2社の幹部2人も公契約関係競売入札妨害容疑で逮捕した。

 捜査2課によると、三枝容疑者は昨年11月、土庄町が発注した小豆島と沖之島との架橋工事の一般競争入札で、非公表の最低制限価格を漏らした疑いがある。

 ほかに逮捕されたのは、タチバナ工業(高松市)役員の松田善雄容疑者(67)と、平成機工(同市)相談役の真嶋忠雄容疑者(74)。三枝容疑者から真嶋容疑者を介し、松田容疑者に情報が伝わった疑いがあるという。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 入札では、タチバナ工業をふくむ企業共同体が最低制限価格に近い6億6820万円で工事を落札した。

 三枝容疑者は2013年の町長選で初当選。昨年12月の町長選で3選を目指したが落選した。

 小豆島と沖之島の間には橋が…

この記事は有料会員記事です。残り255文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら