初の「内密出産」へ慈恵病院が表明 出産女性「自分が育てるよりも」

有料会員記事

堀越理菜
[PR]

 熊本市の慈恵病院は4日、西日本の10代女性が匿名を希望して出産した赤ちゃんについて、女性の意向を踏まえ、母親の名前を記さずに出生届を出す方針を表明した。病院は独自に「内密出産」を受け入れており、国内初の事例となる。

 この日、記者会見した蓮田健院長によると、女性は今月に入り、匿名で出生届を出すことを前提に、赤ちゃんの養育について「特別養子縁組でお願いしたい。自分が育てるよりも、その方が赤ちゃんが幸せになる」との意向を病院側に伝えたという。蓮田院長は内密出産について、「赤ちゃんの安全な出生と保護のためであり、ご理解いただきたい」と話した。

 内密出産は予期しない妊娠をした女性が、病院の担当者だけに身元を明かして出産し、後に子どもが望めば出自を知ることができる仕組み。法律に定めはないが、様々な事情で女性が孤立出産に追い込まれ、母子の命が危険にさらされることを防ぐ狙いから、慈恵病院が2019年に導入を表明した。

 病院の説明によると、女性は昨年11月中旬にメールで病院に相談。妊娠を知られて親に縁を切られることや、相手男性からの暴力を恐れ、匿名での出産を望んだ。12月に来院して赤ちゃんを出産。女性はその後、病院の説得を受け、新生児相談室長にのみ身元を明かした。子どもの特別養子縁組を望む書面も作成し、退院した。

 一方で女性は赤ちゃんに深い愛情を示し、病院は女性が翻意する可能性もあるとみて、連絡を取りながら意思の確認を続けてきた。蓮田院長は女性の意向を踏まえ、母親の名前を記さずに出生届を熊本市西区役所に出すという。

 病院は、新生児相談室長が母親の身元情報を把握しながら、院長が母親の名前を記さない出生届を出すことが、公正証書原本不実記載罪に問われるかなどについて法務局に照会中で、今月中の回答を求めている。蓮田院長は法務局の回答を確認した後で出生届を出す考えを示した。

 病院は子どもの出自を知る権…

この記事は有料会員記事です。残り408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら