ネット広告のウソ見破れる? 高校の授業、悪質業者の処分に一役

有料会員記事

小林未来
[PR]

 4月から成人年齢が18歳に引き下げられることに伴い、学校での消費者教育が改めて注目されています。ネットに表示される広告から、大げさな表現やウソを見つけられるか――。埼玉県の高校生たちが、そんな課題に挑戦しました。

ネットをチェック 「怪しい」を分析

 「はくだけでやせるわけないよね?」「97%に効果ってウソっぽくない?」

 埼玉蓮田市の県立蓮田松韻高校で昨秋行われた、「不当表示広告」について学ぶ授業を訪ねた。スマートフォンやタブレット端末でネット広告を見て「怪しい」表示を探すことが2年生33人の生徒に課せられた。

 まず、講師として招かれた県消費生活課の職員が、広告のどんな表示や表現が、消費者を誤認させるのかを説明。「割引90%」と書いてあっても、本来の価格で販売されたことがなく、割引表示にウソがあるケースや、客でない人にお金を支払ってアンケートに答えてもらっていたのに、そのことを明記せずに「顧客満足度調査」として商品のよさをPRしているケースなどを例示した。

 生徒たちは自らのスマホなどで自由にネットを閲覧し、「怪しい」と感じた広告の画像を保存。怪しいと感じる部分を分析し、ワークシートに書き込んだ。

■「本当かな」 批判的に考え…

この記事は有料会員記事です。残り1599文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら