ライブ動画配信の女性殺害、容疑者は視聴者 事件前の対面は1度だけ

有料会員記事

山田暢史、仙道洸
[PR]

 埼玉県越谷市のアパートで1月27日に起きた殺人事件で、死亡した女性とこの女性を刺した男は、インターネットのライブ動画配信サービスを通じて知り合い、事前に1度しか会っていないことが、捜査関係者への取材で分かった。

 県警によると、27日午後6時半ごろ、越谷市内のアパートの1階に住む女性(33)の母親から「娘が刺された」と119番通報があった。女性は病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 通報時刻と同じころ、越谷市内の交番に茨城県牛久市ひたち野西1丁目の専門学校生古川大輝容疑者(25)が出頭し、28日に殺人容疑で逮捕された。

 捜査関係者によると、古川容疑者は「女性に配信者と視聴者の関係に戻ろうと言われた。ほかの男のものになるなら、殺してしまおうと思った」などと供述しているという。

 古川容疑者は事件当日、アパ…

この記事は有料会員記事です。残り389文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら