薄毛はなぜいじられるのか 2万人アンケートで見えた「同調圧力」

有料会員記事

柴田秀並、江戸川夏樹
[PR]

 金融機関に勤める男性(33)は大学を卒業後から急に前髪が後退し、いまは毛髪がほぼない。3代続けて薄毛といい、「サラブレッド」と自称するほど、あっけらかんとしている。

 それでも引っかかることがある。あるとき取引先との商談で「照明はいらないですね」と言われ、笑いが起きた。真面目な話に移っているのにしつこく絡まれ、そのつど愛想笑いをしたが、内心腹が立った。

 取引先の中小企業の社長から「治療をしろ」と突然言われたことも。「ミスしたら『ハゲのくせに』と陰口をたたかれるだろう。自分から弱みをつくるな」と説得された。よかれと思った助言かもしれないが、のみ込めなかった。

 幼稚園に通う息子を迎えにいったとき、ほかの園児が「お父さんハゲだ!」とからかうのを耳にした。自分はよいが、息子がどう思うか不安になる。

 「なんで薄毛だと、他人からネタにされないといけないのか……」

 「容姿いじり」は差別だ、という意識は高まるが、「薄毛」については希薄ではないか。PR会社のシンクタンク「日本パブリックリレーションズ研究所」はこんな考えから、毛髪をからかったり、いじったりする行為を「髪ハラスメント」と位置づけ、実態を調査。昨年5月にネット上で全国の30~60代の男女2万人を対象にアンケートした。

アンケートでは、「薄毛」に悩む人とそうでない人の意識のギャップがあらわになりました。「薄毛ネタ」が盛んだった芸人の世界でも、容姿いじりは近年鳴りを潜めています。1万人以上の芸人を指導してきた吉本興業の漫才作家、本多正識さんに実情を聞きました。

茶化され、引きこもり

 「薄毛の悩みや気になること…

この記事は有料会員記事です。残り2165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    長島美紀
    (SDGsジャパン 理事)
    2022年2月6日13時20分 投稿
    【視点】

    薄毛を飲みや会議などの場で笑いにする、それ自体決して許されるものではありません。記事後半にあるように、芸人の世界でも薄毛を始め容姿をネタに笑いを取る、そんなことはこれまで多く見られました。 2年ほど前だと思いますが、某バラエティ番組でとあ

  • commentatorHeader
    千正康裕
    (株式会社千正組代表・元厚労省官僚)
    2022年2月6日11時22分 投稿
    【視点】

    僕もよく見た目をいじられる。一番ネタにされるのは顔が怖いということだ。たまに、テレビに出たりすると、プロレスラーの藤原組長とか、ボクシングの亀田興毅とか言う人がTwitterに現れる。 官僚になった頃は、当時はまだ私大出身者が多くなか