中日1軍、コロナ緊急事態でリモート指導 片岡2軍監督ら派遣

有料会員記事

[PR]

 沖縄・北谷にある中日ドラゴンズの1軍キャンプ地は5日、いつもより静かだった。バットを手に、やや前傾姿勢でゆっくり歩く立浪和義監督も、今季から新加入した1軍コーチ陣もいない。

 第1クールを終えたばかりの中日を、新型コロナウイルスが襲った。

 3日の練習後、立浪監督と西山秀二バッテリーコーチが、検査で陽性と判定された。球団は休養日の4日、苦渋の決断を下した。1軍キャンプで指導していたコーチ全員に濃厚接触の可能性があるとし、第2クールが始まる5日からホテルで隔離する措置を取ることに決めた。

 宿舎のレストランのテーブルには仕切りが設けられた。選手らの外食は禁止。できる限りの予防対策を取ってきたにもかかわらず、防げなかった。感染力の強いウイルスの怖さだ。

片岡2軍監督「やり繰りする」

 練習前の円陣で、選手らの前…

この記事は有料会員記事です。残り1006文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら