モーグルの堀島行真、銅メダル 予選1回目の16位から巻き返し

[PR]

 フリースタイルスキーは5日、男子モーグルが行われ、堀島行真トヨタ自動車)が銅メダルを獲得した。予選を2回目で通過すると決勝1回目で5位、決勝2回目も上位6位以内に食い込み勢いづいた。3日の予選1回目は16位だった。堀島は競技後のインタビューで「最低限メダルを(目標に)掲げていた。安心した。夢は金メダル。またここから、競技を続けたい」と話した。

 杉本幸祐(デイリーはやしや)、原大智(日本スキー場開発ク)は決勝2回目、松田颯(しまだ病院)は予選2回目で敗退。

 堀島は前回の平昌大会では、決勝で転倒し途中棄権の11位に終わっていた。ショックの大きさから、競技をやめることも考えた。同じ舞台に戻ってきて、銅メダルで雪辱した。

 今大会、日本勢初の表彰台に立ち、今季W杯3勝、世界ランキング2位の意地をみせた。

日本選手の順位推移

   堀島 原 杉本

予選① 16 8 6

予選② 5 ― ―

決勝① 5 3 2

決勝② 3 7 9

決勝③ 3 ― ―

※原、杉本は予選1回目で決勝進出が決定。決勝①は20人中12人が決勝②に進出、決勝②は12人中6人が決勝③に進出

北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]