鳥取・大山、男性1人が捜索隊と下山 残る1人は死亡を確認

[PR]

 鳥取県の大山に5日に登山に訪れ、動けなくなった男性2人のうち1人が6日午前9時半すぎ、県警などの捜索隊に付き添われて下山した。指の凍傷の疑いがあり、病院に搬送された。県警によると、5日夜に「6合目の避難小屋にいる」と連絡してきた兵庫県明石市の男性(62)で、警察が小屋から動かないよう指示していたという。

 また、この男性が「途中で別れた」と話していた神戸市の男性(50)は午前10時半ごろ、8合目と9合目の間付近で小型テントの中にいるのを県警などの捜索隊が発見したが、意識がない状態で、午後3時半過ぎに死亡が確認された。