除雪作業中の男性が死亡、田んぼに転落 富山・南砺市

[PR]

 6日午前5時50分ごろ、富山県南砺市法林寺の私道で、近くの瀬川彦三郎さん(83)運転のコンバインが、道路わきの田んぼに転落した。瀬川さんは病院に搬送されたが肺挫傷で、約1時間半後に死亡が確認された。

 南砺署によると、瀬川さんはコンバインで除雪作業をしていた。運転操作を誤って道路から約2メートル下の田んぼに転落したとみている。現場周辺では約50センチの積雪があったという。