札幌大雪、7日のJR札幌発着の列車は異例の全面運休へ 降雪最多

戸田拓、松尾一郎
[PR]

 北海道内では6日、冬型の気圧配置が強まり寒気が流れ込んだ影響で、札幌市など石狩地方で大雪となった。札幌市では6日午後2時までの24時間降雪量が60センチに達し、比較可能な1999年以降で最多を記録。これまでの最多は2016年12月10日の54センチ。午後1時には最深積雪133センチを記録した。札幌市で1メートルを超える積雪は8年ぶり。

 断続的に降る雪のため、JR北海道の札幌発着の列車は除雪が間に合わず、運休や遅れが多発。6日は午後9時40分までに特急103本を含む計763本が運休。札幌と新千歳空港を結ぶ「快速エアポート」は計136本が運休となった。

 週明け7日も除雪が追いつかないため、JR北は札幌駅発着の列車を始発からすべて運休する。JR北によると、各駅では深夜まで除雪に追われているという。これまでも雪による大規模な運休の例はあるというが、全面運休は極めて異例だ。

 札幌から新千歳空港へ向かう列車はすべて運休になるほか、近郊から市中心部に向かう列車も動かないため、週明けの通勤・通学に影響が出る可能性がある。JR北では6日に引き続き札幌市営地下鉄での振り替え輸送を実施するが、代行バスは「利用客が多い札幌圏では必要台数を用意できない」として運行しない。

 終日運転を見合わせるのは、小樽―札幌―岩見沢間の函館線、札幌―新千歳空港・苫小牧間の千歳線、桑園―北海道医療大学間の学園都市線。

 7日に運休する列車は「エアポート」137本など計668本の予定。特急列車は、札幌駅発着のカムイ・ライラック、北斗、すずらん、おおぞらなどを終日運休するほか、札幌―網走間の特急オホーツクは札幌―旭川を部分運休とするなど、108本が運休になる。

 留萌線の深川―留萌間は始発から午後1時20分まで、運転を見合わせる。

 6日午後9時過ぎ、JR札幌駅の改札前には「全列車終日運休」などとお知らせのホワイトボードが出され、列車名を表示する電光掲示板が真っ黒になっていた。

 駅構内は夜9時ごろには人はまばらだったが、知らずに来た人々は「まじで」「えー明日も」などと声を上げ、スマートフォンで掲示板を撮影していた。

 駅南口のタクシー乗り場は午後8時台にはスーツケースをひくなどした数十人が並んでいたが、午後9時過ぎにはほぼ解消。周囲にいくつもあるバス停付近も人影はまばらになった。

 札幌市中心部の国道5号創成川通りでは、6日夜9時過ぎに国土交通省北海道開発局の大型機械が、隊列を成して除雪作業を行っていた。現場の担当者は「こんな大雪はほぼ10年ぶり。今日は通常より1時間程度早く夜間の除雪を始めた」と話していた。

 札幌管区気象台によると、7日の石狩地方の天気は晴れ時々曇り。気象台は石狩や空知、後志地方ではなだれに注意するよう呼びかけている。(戸田拓、松尾一郎