鳥取・兵庫県境の氷ノ山で男性1人遭難か 下山予定時刻に戻らず

[PR]

 6日午後4時50分ごろ、鳥取、兵庫県境にある氷ノ山(標高1510メートル)で登山届を出した男性が下山予定時刻になっても戻らないため、地元の氷ノ山遭難救助隊が鳥取県警に通報した。

 県警によると、登山届は鳥取県若桜町側の登山口で出されていて、登山者は兵庫県の40代男性1人となっている。この男性のものとみられる車が登山口の近くに駐車してあったという。6日午前8時に入山し、正午に下山する予定だった。

 携帯電話は通じない状態という。警察や消防などが7日早朝から救助活動を進める。