とっさにティッシュを差し出した男子 新人教師は理由を知って驚いた

有料会員記事

若松真平
[PR]

 中学校で理科を教えながら、2年生の担任を務めているSさん。

 昨年4月に初めて教壇に立った時、生徒たちから「先生」と呼ばれて驚いた。

 「大学を卒業したばかりの自分も、黒板の前に立てば無条件で先生なんだ」と自覚したから。

 教師になってわかったことは、その業務の幅広さだ。

 毎日の授業やその準備、教材研究にテスト作成。

 登校指導、日誌記入、提出物の確認、欠席や遅刻の連絡が来ていない家庭への確認。

 時期によっては指導要録や通知表の作成もある。

 どれから手をつけてよいかわからない中、「教育のプロ」としてたくさんのことを求められた。

    ◇

 教師になって10カ月が経った今年1月末。

 「自分のやってきたことは間違いじゃなかったんだ」と思えた出来事があった。

 その日の給食は焼きそばパン…

この記事は有料会員記事です。残り1606文字有料会員になると続きをお読みいただけます。